金沢大学 理系 数学 二次試験解答 所感

◆第1問

丁寧過ぎる誘導が付いているので,設問に沿ってミスなく完答したいところです。ただ、(1)でbnを消去して3項間にもっていけない人がいたかも知れません。


◆第2問

(1)(2)は大丈夫でしょう。問題は(3)ですが、適当に文字の置き換えをし、式を軽くして計算すると良いでしょう。

不定形の極限にはならないのでそれほど難しくはありません。


◆第3問

問題を見て唖然としました。これが金大理系の2次試験の問題とは。教科書の章末問題レベルです。

かなり昔に直径含む平面ではなく、少しずらした平面で切った求積問題がありました。

これなら数Ⅲの問題になり少しはましなのですが。


◆第4問

(1)は大丈夫でしょう。問題は(2)以降ですが、点Pkが単位円のどの部分に来ればよいか分かれば後は少々の場合分けがあるだけです。

計算量も少ないので難しい問題ではありません。ただ、出来は余り良くないと思います。



今年は近年では最も易しい年ではないかと思います。

これでは、医学科や数学科ではほとんど差が付かないのでは?

419回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

難関大二次試験解答所感(名古屋・九州・筑波)

《名古屋-理系》 ◆第1問 これが出来ないと完答できる問題がないかも? 設問通り丁寧に計算するだけです。 ◆第2問 (1)(2)はいいでしょう。 (3)f(x) がα,β,γを用いて因数分解できることに気が付けば、後は何とかなりそうです。 ◆第3問 問題文をしっかり読まないと違ったゲームをしてしまいそうです。 丁寧に場合分けをすればよいのですが、なかなか大変です。 ◆第4問 昨年に続きガウス記号の

難関大二次試験解答所感(東北・北海道・神戸)

《東北-理系》 ◆第1問 今年一番の易問です。ミスなく完答したい問題です。否定を考えた方が少し場合が少ないように思います。 ◆第2問 東北大学の受験生ならば一度は類題の経験があるでしょう。 独立2変数の問題は1文字固定が定石です。そうすれば単なる直線の式になるので問題ないでしょう。 かなり昔の東大文系で、同様の1文字固定のmax,minを議論する問題がありました。 本質的には何も変わりませんが、見

難関大二次試験解答所感(東京・京都)

《東京-理系》 ◆第1問 易しい問題です。 放物線を直線b=-xa+y-x2と見て、(1)のa-b座標平面で考えれば何とかなるでしょう。 ◆第2問 (1)計算だけです。 (2)ベクトルの問題です。まず斜交座標でz=z1α+z2βの動く領域を考え、後はz3γで平行移動するだけです。 ◆第3問 傍用問題集レベルです。 計算が大変ですが、やることは決まっているので落ち着いて何とか完答したいところです。(