お別れ会

3/23(金)に、ホテルサンルート小松で恒例の3年生のお別れ会を開催しました。 今年は、午前中に高校で離任式があるため1時間遅れの13:00から始めました。

3/20~3/22の後期日程の発表では、新たに5人の塾生が見事合格を果たしました。 最後まで諦めず本当に良く頑張ったと思います。

今年は、アメリカ初の女性飛行士である、アメリア・イアハートの「一番難しいのは実行すると腹をくくること。後はただ我慢強く頑張るだけです。」と,古巣のシアトル・マリナーズに復帰したイチロー選手の「(出来ないんじゃないか?)は、終わってから思うことであって、途中で思ったら絶対に達成できません。」をはなむけの言葉として送りました。何事も「まずは行動を起こし、我慢強く続けること。」です。

今年は残念ながら4人の塾生が再起を期すことになりましたが、身体には十分留意して最後まで粘り強く頑張って欲しいと思います。

72回の閲覧

最新記事

すべて表示

金沢大学 理系二次 数学 所感

第1問、第2問(1)(2)、第4問(1)、(2)辺りの問題はなんとか解いて欲しい問題でした。 第3問については、どうしていいか分からなかったという人も多かったのではないかと思います。 第4問(3)はかなり昔に東北大に類題が出ていましたが、こちらもあまり出来なかっただろうと思います。 今年は難問はありませんでしたが、本当に力がないと完答できない問題が2問ありましたので、全体として出来はあまり良くなか

今年のセンター試験問題(数学)を解いてみた印象

今年も自己採点当日の早朝(1/20 5:30)にセンター試験の問題を解いてみました。 ◆Ⅰ・A 第1問 標準的で易しく好ましい出題でした。命題の最後の問題は少し迷ったかもしれません。 第2問 データの分析は今年も文章量が多く、計算問題はゼロでした。短時間にデータを正確に読み取る力が求められています。 出来はあまり良くないのではないかと思います。やはり、来年からの新テストを意識しているのでしょうか?

共通テスト数学の記述式問題について

大方の予想通り、2020年度から始まる英語民間試験の活用が延期になりました。 今度はこれも予想通り、数学・国語の記述式試験にも批判が噴出(後出しじゃんけんの野党議員やマスコミも沢山います)しています。 国語については門外漢なので言及は控えます。ただ、数学以上に採点が大変だろうことは容易に想像できますが。 そもそもの出発点は、2013年10月に安倍晋三首相が設けた教育再生実行会議の「知識偏重の1点刻

 石川県小松市
日の出町1-148