共通テスト数学の記述式問題について

 大方の予想通り、2020年度から始まる英語民間試験の活用が延期になりました。


 今度はこれも予想通り、数学・国語の記述式試験にも批判が噴出(後出しじゃんけんの野党議員やマスコミも沢山います)しています。

 国語については門外漢なので言及は控えます。ただ、数学以上に採点が大変だろうことは容易に想像できますが。


 そもそもの出発点は、2013年10月に安倍晋三首相が設けた教育再生実行会議の「知識偏重の1点刻みの選抜からの脱却が必要」との指摘から始まりました。

 数学を指導している立場からすれば,旧共通一次やセンター試験のような「答えさえ合えば,途中のプロセスに関係なく〇」などという試験にはもともと大反対です。

 そういう意味で、解法のプロセスを重要視する記述式こそが試験本来のあるべき姿だと思っています。


 過去には「これが記述式なら背景のある素晴らしいの問題なのに」と(個人的に)思った問題が数多くありました。

 しかし残念ながらマーク式の時間攻めの問題のため、出題者の苦労(マーク式用に作成したのだとは思いますが)が報われていないと感じました。

 教育再生実行会議や中央教育審議会も「解き方のプロセスが大切」というメッセージを発しています。この点については私も全く異論はありません。


 ただ一番の問題は、現高校2年生を始め多くの専門家が指摘している通り、50万人ほどが受験する試験を


  ① 採点基準を厳格にして採点の不公平が出ない

  ② 短い期間で採点する

  ③ 正確な自己採点が可能


 このようにすることなど本当にできるものなのでしょうか。

 またこれを一部の民間業者に丸投げして、国は本当にそれで良いと思っているのでしょうか。国が責任を持って実施できない試験などやるべきではありません。

 個人的には、センター試験や共通テストなどの一斉テストなどは廃止すべきだといつも思っています。


 そして国公立大学は、今まで以上に各大学が真に求める受験生をしっかり見極めることが出来る入試問題を作成することが求められます。



令和元年11月11日

51回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

今年の共通テストの数学を解いてみました。

《数学Ⅰ・A》 第1問 [1] は何とかなるでしょう。[2] は正弦定理をうまく使えばよいのですが、後半の問題はかなり混乱したかもしれません。 第2問 [1] の(2)は (傾き)=-0.1/0.05=-2で 点(2.05,4.70)を通る、とやるだけですが、難しく考えすぎた人がいるかも。以下は単なる2次関数の最大・最小の問題です。 [2] のデータの処理は例年にも増して文章量が多く、まともに相手

共通テスト模試の数学(マーク形式)を何度か解いてみました。

ⅠA,ⅡBとも1,2問は対話形式(生徒同士、先生と生徒)の出題がありました。 誘導形式なのでしょうが、文章がかなり長く読んでいて時間がかかり数学以外の所で余計な神経を使います。 本番の共通テストの出題がどのようなものになるか分かりませんが、もし同じような形式になるのであれば、これが大学入試センターが目指している「思考力・判断力.表現力を一層重視した作問への見直し。」になるとはとても思えません。 私

金沢大学 理系二次 数学 所感

第1問、第2問(1)(2)、第4問(1)、(2)辺りの問題はなんとか解いて欲しい問題でした。 第3問については、どうしていいか分からなかったという人も多かったのではないかと思います。 第4問(3)はかなり昔に東北大に類題が出ていましたが、こちらもあまり出来なかっただろうと思います。 今年は難問はありませんでしたが、本当に力がないと完答できない問題が2問ありましたので、全体として出来はあまり良くなか

 石川県小松市
日の出町1-148