文科相の発言について

 先日、萩生田文科相から「身の丈に合わせて……」という発言がありました。


 仕事柄、私も塾生に対しては『分相応(自分の実力相応)の受験、身の丈に合った受験』を出来るだけするように指導しています。

 しかし、残念ながら過去には自分の実力を過大評価して、無謀な受験(チャレンジではありません)を繰り返し、当然のことながら惨敗した塾生が何人かいます。受験にはまぐれはありません。


 文科相の発言がこのような趣旨であれば十分理解できますが、状況から判断するとどうもそうではないようです。



 そもそも、国が厳格に行うべき入学試験を民間に丸投げするとは一体どういうことなのでしょうか? 民間のようなノウハウを持たないから安易に考えたのでしょうか? だとすればとんでもない話です。

 レベルや求めるものが違ういくつかの試験を実施(TOEICは7月に参加を取りやめました)して、採点や受験機会の公平性が担保できるとは到底思えません。


 今現在想定されている多くの問題点は、当初から当然予想出来たにもかかわらず、国が十分な危機感を持たず放置してきたことが最大の原因であると考えます。

 一番の被害者はこのような試験を受けさせられる受験生です。受験生は自分の人生を真剣に考え、不安になりながらも日々懸命に努力しています。

 どうしても実施したいのであれば、国には時間をかけて受験生・高校・大学に対して納得できる説明をする責任があります。


 しかし、本当に実施できるのだろうか?



令和元年 10月31日

51回の閲覧

最新記事

すべて表示

金沢大学 理系二次 数学 所感

第1問、第2問(1)(2)、第4問(1)、(2)辺りの問題はなんとか解いて欲しい問題でした。 第3問については、どうしていいか分からなかったという人も多かったのではないかと思います。 第4問(3)はかなり昔に東北大に類題が出ていましたが、こちらもあまり出来なかっただろうと思います。 今年は難問はありませんでしたが、本当に力がないと完答できない問題が2問ありましたので、全体として出来はあまり良くなか

今年のセンター試験問題(数学)を解いてみた印象

今年も自己採点当日の早朝(1/20 5:30)にセンター試験の問題を解いてみました。 ◆Ⅰ・A 第1問 標準的で易しく好ましい出題でした。命題の最後の問題は少し迷ったかもしれません。 第2問 データの分析は今年も文章量が多く、計算問題はゼロでした。短時間にデータを正確に読み取る力が求められています。 出来はあまり良くないのではないかと思います。やはり、来年からの新テストを意識しているのでしょうか?

共通テスト数学の記述式問題について

大方の予想通り、2020年度から始まる英語民間試験の活用が延期になりました。 今度はこれも予想通り、数学・国語の記述式試験にも批判が噴出(後出しじゃんけんの野党議員やマスコミも沢山います)しています。 国語については門外漢なので言及は控えます。ただ、数学以上に採点が大変だろうことは容易に想像できますが。 そもそもの出発点は、2013年10月に安倍晋三首相が設けた教育再生実行会議の「知識偏重の1点刻

 石川県小松市
日の出町1-148