地球一周しました

今朝も11キロ走り,これでようやく地球一周(40000キロ)を達成しました。

平成15年(年間走行距離638キロ)から記録を取り始め,足掛け16年かかりました。 平成19年には疲労骨折,平成24年には初のオーバートレーニング(2週間で250キロ)を経験し,血圧が204まで上がり,入院寸前まで行きました。 このときに,自分は月間500キロを走れる身体には生まれてないことが分かり,それ以来身体と相談しながら走っています。

ジョギングのお陰でほとんど病知らずです。これからも自分の年を考え,体調に留意しながら細く長く走り続けたいと思います。

33回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

難関大二次試験解答所感(名古屋・九州・筑波)

《名古屋-理系》 ◆第1問 これが出来ないと完答できる問題がないかも? 設問通り丁寧に計算するだけです。 ◆第2問 (1)(2)はいいでしょう。 (3)f(x) がα,β,γを用いて因数分解できることに気が付けば、後は何とかなりそうです。 ◆第3問 問題文をしっかり読まないと違ったゲームをしてしまいそうです。 丁寧に場合分けをすればよいのですが、なかなか大変です。 ◆第4問 昨年に続きガウス記号の

難関大二次試験解答所感(東北・北海道・神戸)

《東北-理系》 ◆第1問 今年一番の易問です。ミスなく完答したい問題です。否定を考えた方が少し場合が少ないように思います。 ◆第2問 東北大学の受験生ならば一度は類題の経験があるでしょう。 独立2変数の問題は1文字固定が定石です。そうすれば単なる直線の式になるので問題ないでしょう。 かなり昔の東大文系で、同様の1文字固定のmax,minを議論する問題がありました。 本質的には何も変わりませんが、見

難関大二次試験解答所感(東京・京都)

《東京-理系》 ◆第1問 易しい問題です。 放物線を直線b=-xa+y-x2と見て、(1)のa-b座標平面で考えれば何とかなるでしょう。 ◆第2問 (1)計算だけです。 (2)ベクトルの問題です。まず斜交座標でz=z1α+z2βの動く領域を考え、後はz3γで平行移動するだけです。 ◆第3問 傍用問題集レベルです。 計算が大変ですが、やることは決まっているので落ち着いて何とか完答したいところです。(